You are here

Blog

人生的意义

人生因为有期待和远景,并且因为为此而付出行动和努力(体力,智力,学习),而变得有意义。

世界永远是属于青年人的

那天和一位在国内某大公司搞技术的青年人交流。感慨良多。青年人坚定、自信、灵活。中国市场巨大、潜力无限。

此次交谈,想起了毛主席和任总的讲话。

1957年,毛主席在莫斯科大学接见留学生们时说:“世界是你们的,也是我们的,但是归根结底是你们的。你们青年人朝气蓬勃,正在兴旺时期,好像早晨八九点钟的太阳。希望寄托在你们身上。”  “青年人应具备两点,一是朝气蓬勃,二是谦虚谨慎。”

できる人とできる組織

できる人とできる組織には、成功なパータンがあるに違いない。

できる人とできる組織の特徴:

-豊かなマインドと国際感覚を持つ責任者がいる。特に世界情勢、今後の大きな流れは常に把握できる。

-上から言われたことや条文(ルール)の本質を理解し、プロセスより本来の目的に焦点を当て、柔軟に実行する。(できない人は、ルールばかりに拘る)

-あらゆることをチャンスとして捉え、「面倒なこと」であってもチャレンジする。

-多くの仕事のなか、目先ではなく、どれが長い将来につながあることが重要であるかは分かる。

-出来る人は複雑な仕事を簡単にする。(できない人は簡単な仕事を複雑にする)

-よい大学・組織には人を信じ、自立・自律させ、力を最大限に発揮させる。

できない人とできない組織にはさまざまな原因がある。けれど、上記の反対が多いように思います。

我为什么热衷于国际交流?

大学(或大学)教授的三个职责是教学、研究和社会贡献。其中在社会贡献方面,我为所在大学做的最多的是国际交流。我之所以愿意做国际交流,有这么几个方面:

  • 是中日(或其他国家)的大学双方都受益
  • 能帮助更多的学生实现他们自己的梦想,有成就感
  • 做自己得心应手、做他人不能或很难做到的事情
  • 我的留学经历、一直在国外做大学教授的经历
  • 本身对高等教育交流、国际化、以及大学管理感兴趣有热情

情報学群の新入生にお薦めの本

情報学群の新入生にお薦めの本(これからも追加します)

井上 裕之:価値ある生き方、大和書房 (2013/9/21)

本田健:ワクワクすることが人生にお金をつれてくる!  フォレスト出版 (2014/4/13)

神田昌典:成功のための未来予報、 きずな出版 (2014/3/24)

セス ゴーディン、Seth Godin、 神田 昌典:「型を破る人」の時代: “ズバ抜けた結果”を出せる人は、何をしているか、三笠書房  (2014/3/14)

スティーブン・R. コヴィー:完訳 7つの習慣 人格主義の回復、キングベアー出版(2013/8/30) .

新将命:伝説の外資トップが説く リーダーの教科書、ダイヤモンド社 (2013/4/19) .

交友・読書と行動

A man is a sum total of all the People he has met in his life.

「人間とは、その人が今までの人生の中で会った、すべての人の総和である」
★任注:ここでの人は本の著者と拡大して解釈してよいと思います。★

A man is the sum of his actions,of what he has done, of what he can do. Nothing else.
-Mohandas k. Gandhi

人間とは、その人の行動の総和である。
-マハトマ・ガンジー

Me and Douglas Engelbart

 

Doug wrote the message on my note:

Let's focus our HCI attention on increasing human capabilities to develop, integrate and understand the knowledge required for improving society's survival probability.

Douglas Engelbart (2006)

 

有关四十不惑、五十知天命推荐书籍

南怀瑾的系列书目,其中 《论语别裁》,《老子他说》,《历史的经验》,我读过,都很好。

《活法》是日本著名经营学家稻盛和夫先生的著作,讲述了人生应有的生活态度,作者的思想源泉应该来至于明朝的王阳明思想哲学。值得反复阅读。

据说《明朝那些事儿》销量1000多万册。虽然讲述的是“明朝那些事”,通过以人物为主的历史故事,也谈到了哲学,老子,兵法,励志,人性,有些事件你也可以联想到现实的政治,国际关系,其他朝代的历史相识之处。。。

《高效能人士的七个习惯》叫你应该如何做,才能具有卓越的人生。值得从年轻时随着年龄的增长反复阅读。

無用な官僚機構

歴史を見たら、負け側の多くはその組織の内部に問題があるのです。ひとつを言えば、その役立てない官僚機構。真的な活動をやりたい人に邪魔するものです。ここでの「組織」は小さな組織から国までを指しています。

本来ならば、役立つ官僚機構とは、真的な活動をする人に、仕事をスムーズにさせるため、サポートする機関です。しかしながら、そのような機関に人事・財源を与えるほど、その本来の役割を忘れたら、かえって真的な仕事をする人に邪魔になってしまうのです。

インタネット・情報技術が目覚ましく進んでいる時代、こういった中間層の官僚機構(特に小さな組織)をなくせば、組織全体の仕事効率がアップできるのです。

国際交流とは

長年の研究・教育・社会貢献活動を通して、しみじみ感じたのは、真的な国際交流できるのが、人がすべてです。すなわち、草の根のレベルの交流こそが真的な国際交流活動ができるのです。いくら国際交流できる立場の人間であれ、国際交流の意味に理解できない人間は、国際交流を促進するわけではありません。国や組織間の交流は、結局まずは両側に国際交流に熱心に従事する人間がいるからです。国際交流は大きな場面で調印式をしたりなども必要ですが、例えば、留学生・外国人は生活・研究・学習に困っている時に、部門に拘らずに、積極的に、人間的的なレベルで支援してあげるこそが、真的な国際交流、研究支援活動となるのです。学内外のこのような方々に深く感謝しております。

Pages